3月のお話し🌸ひな祭り

こんにちは。3月になりました。

まだまだ寒い日が続いていますね。


明日はひな祭り🎎なので、3月のお花しを書こうと思います😊

3月の花と言ったら桃の花ですよね。

女の子のいるおうちには、今頃桃の花が飾られているんでしょうね✨


桃のセラピー効果のキーワードは『無欲』

人の幸福を望む気持ち。
他者への思いやりと奉仕。

ひな祭りにはぴったりのお花ですね。

せっかくなので、ひな祭りのお話しもしちゃいます🎎


ひな祭りの日に桃の花を飾るのは、昔から桃の木は聖なる木と言われているのでこの時期に咲く花をひな祭りに飾るようになりました。

余談ですが、桃に邪気払いの力があるというところから、桃太郎が邪気の象徴である鬼を退治する話が出来たそうです。


今のお雛様は飾るのが主流となってますが、今も残っている地域もあるのでご存知の方も多いと思いますが、昔は「流しびな」のように紙で人型を作って自分のけがれを流すという意味で川に流していました。


また、古来より木や布で作ったお人形を女の子の魔除けとする習わしもあり、女の子の遊び道具として発達し、「ひな」とは小さくてかわいらしいものという意味で平安時代貴族のあいだでさかんだった、「ひいな遊び」というおままごとからきているそうです。


これらから、「流しびな」となって、人形つくりが技術が発達して今のように家に飾るようになったとのことです。


お内裏様は天皇、皇后をかたどったひな人形です。今では七段飾りを飾るお宅は少なくなってきましたが、やはり五人囃子や三人官女がそろったお雛様の華やかさと美しさは圧巻ですし、日本の伝統を感じることが出来ます。


そして、お雛様をいつまでも飾っておくとお嫁にいくのが遅くなる・・と言われていますよね。それは、厄を移した人形を早く遠ざけたい。お雛様のように幸せは結婚をしてほしい(片付いてほしい)という親心の表れだそうです。



明日はひな祭り。

女の子が主役のお祭りですが、男の子にも桃の節句として日本の良さを伝えてあげてくださいね。



明日は晴れるかな。

暖かくしておやすみくださいね。

おやすみなさい


Anelapua

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 少人数制の癒しのお花教室。フラワーセラピーと花育を行っています。 子どもたちの感性を養う おはなあそび~花育 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格を取得!

0コメント

  • 1000 / 1000