4月のお話し🌸桜のフラワーセラピー効果

こんにちは。今日は真冬に逆戻り・・

のんびり咲いてる桜も寒そうです🌸


今日は4月のお花し🌸

4月の花といったら、やっぱり桜ですよね。

今年は久しぶりに入園式まで桜が持ちそうですね😊


満開の桜が待ち遠しい、お花見は絶対する!お散歩した~い!など、桜は日本人の心を魅了するお花ですよね。

そして、桜を眺めるとなんとも言えない気持ちになったり、明るくなったり、優しくなれたり、癒されたり・・

それがフラワーセラピーです❤️


桜のセラピー効果は・・・

サクラピンクは大変癒し効果の高い色です。

そして柔らかな花びらは人の心を穏やかに、ささくれた心にすっと安らぎを届けてくれます。

桜はカップ咲きに咲くことから受容をイメージさせ、散る様子は浄化を促してくれます。

一緒に、お花見の由来と日本の桜にまつわる言葉のお話を綴ろうと思います。


お花見は平安時代の貴族たちが桜を鑑賞しながら宴を開くようになり、江戸時代に桜の名所がたくさんできて、春の行楽として広まりました。

また、豊作祈願の意味もあって、「さ」は田んぼの神様、「くら」は神様がいる場所という意味があるといわれているそうです。田の神様が春になると山から下りてきて桜に宿るといわれているので、田の神様と一緒に春をよろこび、豊作を祈願する行事でもあったそうです。


また、日本には桜にまつわる美しい言葉がたくさんあります。

その中でも好きな桜を使う美しい日本語をご紹介します。


🌸夢見桜 桜の別名 桜の美しさにうっとりしてしまう様子からつけられました

🌸初桜 今年初めて咲く桜の花。咲いて間もない桜

🌸桜雨 桜が咲くころの雨

🌸花衣 お花見に行く女性の美しい着物

🌸花あかり 満開の桜が夜でも灯りをはなっているような明るい夜

🌸零れ桜 散っていく桜

🌸花筏 散った花びらが水面に浮かんで漂うさま

🌸詫桜 わびしそうに物静かに咲いている桜

🌸桜雲 桜の花が一面に咲いて白雲のように見えること 花の雲

🌸零れ桜 満開になって、ちりこぼれる桜の花、またはそうした模様

🌸桜月 弥生の別称、旧暦3月

などなど・・

日本語は本当に素敵ですね。


明日くらいから満開を迎える暖かさになる予報です。


ぜひ、桜からのメッセージを感じてくださいね。


おやすみなさい。


Anelapua

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 フラワーセラピー&花育を行っている少人数制のおうちサロン JMFA認定校 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格取得

0コメント

  • 1000 / 1000