8月のお話し🌸葉月~ひと足早い旧暦の秋

こんばんは😊すごい雨ですが、8月になりました🌞

今日は、8月の日本の行事とお花たちをご紹介します。


8月は、夏祭り、花火大会、盆踊りなどお祭りがたくさん開催される月です🎇

現在では楽しみとなる夏の行事ですが、すべてご先祖様の霊をおうちに迎えて供養し、元気に過ごしてます。という報告をして感謝する行事=お盆

につながっているんです。


夏祭りは、お盆や旧暦の七夕に関係しているお祭りや、夏の病気をしずめるためのものが多いです。

お神輿が出る町も多いと思いますが、お神輿は漢字のとおり神様の乗り物です。

なので、お神輿に人が乗ったり高いところから見下ろしのはいけないこと。とされています。

地域によってさまざまなお神輿があると思いますが、荒々しく激しくするほど「神の力が増す」ともいわれています。


花火は「慰霊(送り火)」「無病息災」「納涼」に通じるからです。

はじめて花火大会が行われたのは、墨田川の花火なんですってね。知りませんでした。

花火があがると「たまや~」「かぎや~」という掛け声を耳にしたことがあると思いますが、初めての花火大会で活躍した2大花火師の屋号なんだそうです。

京都の「五山の送り火」や地域の「精霊流し」「灯篭流し」なども送り火のひとつです。

京都の「五山の送り火」1度は見たいなぁ。。


盆踊りは、お盆にお迎えした霊をなぐさめ、天にお送りする行事です。

盆踊りに行くとなんとなく昔を思い出す。なんて方も多いと思いますが、人の出会いや別れとともに過ぎゆく夏を惜しむ踊りだからだそうです。


さて!8月5日には、戸田っ子が1年最大の楽しみにしている「戸田橋の花火大会」です。

1度も雨に降られたことはない。だから台風がそれることを祈ります。。

お近くの方はぜひ見にきてください😊


8月のお花しをしないとだった😅

夏を感じるお花たちはたくさんあります。


朝顔。小学校を思い出します。おうちで育ててる方もいらっしゃると思います。

朝開いて、夜閉じる。和の清涼感を感じ、上に伸びること教えてくれます。

蓮の花。こちらも朝開き、午後には閉じてしまいます。体のバランスを整えてくれる花。

泥の中で必死に成長し、美しい花を咲かせる。チャクラの花です。

百日紅(さるすべり)木がつるつるでおサルさんも登れないからさるすべり。

最近では、道が百日紅街道になっているところを多く見かけます。

夏の空に映えるお花です。

百合。ユリは夏のお花です。暑いほど香ります。凛とした品格を与えてくれます。

カサブランカの香りが嫌なときはちょっと体のバランスが崩れているかもなのでご注意を。


南国のお花をご紹介✨

プルメリア。芳醇な香りとかわいらしさで断トツ人気のお花ですよね。

寒さに弱いのでなかなか日本で見られませんが、この香りを嗅ぐとハワイを思い出す。という方は多いのではないでしょうか。

日本では、プリザーブドフラワーとして販売してますが、人気ですぐ売り切れになってしまうそうです。かわいすぎます。

8月は元気にしてくれる花がたくさん咲きます。


道端にも、千日紅やラベンダー、ハイビスカスに似たフヨウの花が咲いてます。

キバナコスモスも咲きはじめましたね。



通勤、通学途中の道端を眺めてみるのも癒しになりますよ😊

蒸し暑いですが、8月も楽しみながらがんばりましょ🏝


Anelapua

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 フラワーセラピー&花育を行っている少人数制のおうちサロン JMFA認定校 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格取得

0コメント

  • 1000 / 1000