お散歩😊ホテル雅叙園東京「和のあかり」

こんばんは。

今日も蒸し暑い曇り空で⛅最近、傘が手放せないですね・・


先日、ホテル雅叙園東京に「和のあかり」を見に行ってきました。

大好きな百段階段のイベントには出来るだけ行っているのですが、特に今回はお勧め👏

普段は撮影禁止の百段階段が撮影可能✨

SNSにアップして10いいね以上で二度目から入場無料‼️

うれしい😊

相変わらず魅惑的な施設にワクワクしていたら、浴衣の女性が多い・・

雅叙園の方に聞いてみたら、こんなプランが!!!

「夏の女子会に大人気!浴衣で文化財見学 & お食事」

なんと、ゆかたに帯や下駄、百段階段の入場、お食事がついて15,000円!

それだけでもうれしいのに、ゆかたお持ち帰りなんですって!

百段階段は撮影可能なので、和のあかりの中、浴衣で撮影できちゃう!ワクワクです😊


さてさて、和のあかりですが・・

お祭り、アート、職人、アクアリウムなどのアーティストのみなさんが百段階段の華やかな部屋をあかりで彩っています。


金魚いっぱい!なかにはkissしてる金魚もきてほのぼの💕

まず出会えるのが、階段の端におかれたかわいいこけしたち😊

おふとんかけておやすみ中のこけしさんもいました。「石巻こけし」たちです。かわいい💕

100段ずっと応援してくれています。


「十畝の間」花と鳥が描かれたお部屋。切り絵作家 早川鉄平さんの作品「清流の森」

芝の感触がここちよく、影絵に懐かしさを感じます。草の香りがしそうです。


「漁樵の間」純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げられ、彩色木彫と日本画に囲まれたお部屋

わ😳圧巻です。この部屋によくはいったなぁ・・ねぷた祭りだぁ😆

豪華なお部屋にぴったりの迫力!引き込まれます。


「静水の間」ステンドグラスやあかりマイスターのみなさんの作品が多数!

中でも、江戸組子建松のあかりには感動しました✨



そして、このお部屋がかわいかったぁ。ため息の出る癒し空間・・

「星光の間」四季の草花が描かれたこの部屋が好きなのですが、こんな空間になっているとは・・・

あかり満載です。照明作家 弦間康仁さんの作品や、造形作家 川村忠晴さんの作品など。

紅葉した葉にLEDをあてるとこうなるんですね。もう感動です✨


そして、大好きな「頂上の間」

ネプタランプにほれぼれして、これ欲しい・・

わーーーー😊生花を楽しみにしていたので、この清涼感に感動です!

部屋中に飾られた風鈴の音色や吹きガラスの透明感。あれ床が冷たい・・と思ったら青タイル。

こちらは、一葉式いけ花 粕谷尚弘さんの作品です。

花がハンモックに揺られているような。スモークツリーが幻想的なのをさらにふんわかさせています。その花たちが床に映るの!

もう、感動しまくって、声でちゃいました。素敵すぎる・・・

幸せなため息をつきながら、帰りの百段もすべてのお部屋に立ち止まり、満喫してきました。


たまには、こんな時間必要ですよね~。みなさんの感性やアイディアや才能には驚きと感動でいっぱいになりました。

とても幸せな時間でした。


27日まで開催しているので、ぜひ足を運んでみてください。

女性のみなさんは是非、ゆかたプランをご利用くださいね。のんびりお食事もできます。


雅叙園の空間は本当に癒し空間です。

和のあかりはこちらから


明日は晴れるかな。

おやすみなさい🌙

Anelapua

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 フラワーセラピー&花育を行っている少人数制のおうちサロン JMFA認定校 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格取得

0コメント

  • 1000 / 1000