2月のお話し🌸如月~衣をさらに着込む衣更着月(きさらぎつき)

こんばんは😊寒いですね~❄️

今日は日当たりが少なかったのでなんとなく気持ちが晴れない1日でした・・が

今日は節分!豆まきをして寒さを追い出し、春を呼びましょう‼️


「節分」は季節の分かれ目。以前にも綴りましたが、1年のうち4回季節の分かれ目があります。


「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の先日が季節の分かれ目。でもいまは、節分の立春だけをさすことが多くなっています。

これは旧暦で1年が春から始まると言われていて、「立春」はお正月と同じだからです。

なので、今日は大晦日のような特別な日。


新春にむけて、悪いことを引き起こす邪気、冬の寒さ、を払う。その象徴となっているのが鬼さんです。豆には霊力があって豆を魔物にの目(魔目)を投げつけることで魔を滅する(魔滅)と考えられているからです。


節分の食べ物と言えば「恵方巻」。

今年の恵方は「南南東」

京都の神泉苑にある「恵方社」は日本で唯一で、歳徳神がまつられています。

円形の石の台座の上に鎮座されていて、毎年、大晦日の夜にご住職らが祠を持ち上げて陰陽道によって決定した新年の恵方に恵方廻しされて向きが変えらているんです。


こちらは2017年の春に訪れたので北北東の方角に立っています。

社の正面に立った時に参拝者が吉方を向くよう、社の正面は南南西に向けられているんです。

桜の時期はとても美しいので、ぜひ訪れてみてください。二条城のすぐ近くです😊

さて、2月のお花し🌸

旧暦のお正月頃に咲くのが「福寿草」幸せと長寿の縁起のよい花で「元旦草」と言われたり

雪国に春を告げる花として「春の使者」と呼ばれたりしています。

もともとは「福告ぐ花」って言われたようですが、その後「福寿草」と名を変えたそうです。

雪解けに鮮やかな黄金色で咲くことから、開運の花とされています。

南天と一緒に飾って「難を転じて福となす」 とも言われています。


2018年は風水での「九紫火星」の年。

ラッキーカラーは火星を連想させる「オレンジ」

福寿草の黄金カラーもオレンジと同じビタミンカラー。

新しい年を元気に過ごせるように、ビタミンカラーのお花を飾るのも素敵ですね😊

さて!豆まきしよっと‼️

「鬼は~そと!」「福は~うち!」

みなさんも日本の行事を楽しんでください😊


そして、明日は新年。

旧暦の初日の出は元旦よりエネルギーが強いと言われていますので、太陽の光をあびてくださいね☀️


今日も1日おつかれさまでした。


笑顔あふれる日曜日になりますように✨


おやすみなさい😴



Anelapua

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 フラワーセラピー&花育を行っている少人数制のおうちサロン JMFA認定校 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格取得

0コメント

  • 1000 / 1000