12月のお話し🌸師走~あわただしく師が馳せる月

こんばんは😊埼玉県戸田市にてフラワーセラピーレッスンと花育を行っています。

AnelapuaのKaoriです。

今日は曇り空。お洗濯も乾かない1日でした。


早いもので12月・・今年もあと1か月となりました。12月のお話しを綴ります。

なにかと慌ただしいのが12月ですよね。やることいっぱい!という方も多いと思います。


12月13日 「正月事始め」年越しとお正月の準備をはじめる日です。

そもそもお正月行事は、「年神様」をお迎えする大切な行事。おうちにとっても家族の幸せを願う大切な行事です。

年末になるとなにかとバタバタするので、早めにお正月の準備をする。それが13日です。

年賀状を書く・正月飾りの準備・すす払いなどを行うのが13日あたりになります。


12月22日 「冬至」1年で一番、太陽が低くなる日。

そもそも、冬至は「太陽が生まれ変わる日」と言われてきました。

冬至に一番、エネルギーが弱くなり、冬至を過ぎるとエネルギーがよみがえるからです。

また、「一陽来復(いちようらいふく)」とも言い、陰が極まり、陽にかえる日なので、上昇運に変わる日。凶から吉に向かうこと。冬から春に向かうという意味になります。

なので、人間界では「生きる力をよみがえらせる日」となりました。

柚子は、実るまでに時間がかかることから「苦労が実る」といわれています。ゆず湯にはいりながら「一陽来復!」ととなえると更によいとか!

ほかにも、かぼちゃや小豆粥、いとこ煮を食べるなど、地方によっていろいろな風習があります。


12月のお花し🎄

クリスマスに使用する花たちには意味があるのをご存知でしたか?

赤・緑・ゴールドやシルバーなど、この色の組み合わせを見るとクリスマスを感じます。


●赤は、「キリストの血」を表しています。クリスマスはイエスキリストの降誕祭です。

ポインセチアは、アメリカの外交官「ポインセット」という方がメキシコで発見して持ち帰り、彼の名前にちなんで、ラテン語で「ポインセチア」となったそうです。

赤とグリーンのクリスマスカラーなので、「クリスマススター」「クリスマスフラワー」と呼ばれるようになりました。

●グリーン・・「永遠の命」をあらわしています。

常緑樹は、持ちもよくいつまでも新鮮はグリーンを保ちます。強い生命力・大地からの活力。魔除けとして使用されます。クリスマスツリーに使用されるのもそのためです。

●ゴールド・シルバー ・・「気高さ」「崇高」「高貴」をあらわしています。

キリスト誕生への希望を表現しています。また、ツリーのてっぺんにお星様をつけますが、これはキリストが生まれたときに、東の空に輝いていた「ベツレヘムの星」になります。

また、リースやスワッグにも意味があります。

ヨーロッパでは、常緑樹を魔除けとして玄関に飾っています。それがスワッグです。

また、リースは、輪っかなので「永遠」を意味しています。

日本ではリースを玄関に飾ることが多いですが、ヨーロッパでは生花のリースをテーブルに飾ることが多くみられます。ワクワクしますね!

クリスマスまであと20日ちょっと。

それまでに、お正月の準備などなど終わらせておきたいものです。


今日も夜は寒いですね。


明日も笑顔いっぱいの1日になりますように。

おやすみなさい🌙

~ふあふあ花便り~  AnelapuaのBlog

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 少人数制の癒しのお花教室。フラワーセラピーと花育を行っています。 子どもたちの感性を養う おはなあそび~花育 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格を取得!

0コメント

  • 1000 / 1000