3月のお話し🌸弥生~草木が一段と生い茂る月

こんにちは😊

埼玉県戸田市にてフラワーセラピーレッスンと花育を行っています。 AnelapuaのKaoriです。


3月になりました!今日は「ひな祭り🎎」

女の子の節句として知られていますが、みんなに関わる行事なので、是非お祝いされてくださいね。


ー日本の五節句ー 季節の変わりめに、邪気を払う行事です。

●1月7日:「人日(じんじつ)の節句」別名「七草の節句」

七草粥をたべて無病息災と豊作を願います

●3月3日:「上巳(じょうし)の節句」別名「桃の節句」

ひな祭りとして女の子の成長を祝う日

●5月5日:「端午(たんご)の節句」別名「菖蒲の節句」

子どもの日として男の子の成長を祝う日

●7月7日:「七夕(しちせき)の節句」別名「笹の節句」

たなばたとして短冊に願いをこめる日

●9月9日:「重陽(ちょうよう)の節句」別名「菊の節句」

菊の花を観賞する日


ひな祭りの本名は、「上巳の節句」。もともとは、3月上旬の巳の日に水辺で身体を清め、邪気を払うという行事で、それが日本に伝わってきたときに、3月3日と定められ、人形を流す風習などが結びつきました。江戸時代に上巳の節句が五節句のひとつと定められ、3月3日は女の子の節句、5月5日は男の子の節句となりました。


桃の花は昔から「聖なる木」と言われていて、桃太郎が鬼退治をするように、桃は邪気を払うということから、ひな祭りに使われるようになりました。


女の子のお祭りですが、みんなに関係しているというのは、季節の変わり目の行事なので男女関係なく邪気を払う行事として取り入れてほしいものです。


お雛様を飾りましょ。女の子がいないおうちでもお母さんは女性ですし、人形が持ち主の厄を持ち帰ってくれます。



そして、ひな祭りの食べ物を召し上がってください。

●ちらし寿司・・ご飯に意味があるのではなく具材に縁起のよいものがはいります。

●はなぐり・・二枚貝はお雛様とされています。二枚貝のように相性の良い人と巡り合い 仲良くくらせませうように。

●菱餅、ひなあられ・・お米で作られています。色が3色。白で浄化、赤が命や活力、緑で厄除けを表しています。この3色は春を景色も表現しています。芽吹きや桜のエネルギーをいただく。という意味です。植物のエネルギーは昔からのものと言えますね。


ーひな祭りの祭事ー

あちこちの神社でひな祭りの祭事が行われます。

私が好きなのは、「下鴨神社」の流し雛。

わらで作った「桟俵(さんだわら)」に和紙で作ったお雛さまが乗ってます。

それを、御手洗社の前を流れる、聖なる川の御手洗川に流し、自分の分身を清めるという祭事です。

流し雛では十二単のお雛さま・衣冠装束のお内裏さま・神職さんが一緒に参加する春の風物詩です。

なので、おうちでは、是非、お風呂で身体を清めてください。

天然の塩を少しいれて、お風呂にはいりましょ。

わたしは、浄化のフラワーエッセンスもいれます😊


そして、3月のお花し🌸

暖かい地域では、菜の花や早咲きの桜がさきはじめ、春に向かっているのを感じます。

なかでも、とっても有名な花が3月の花です。

「忘れな草」可憐な小さなが青い花。お好きな方も多いと思います。

「forget-me-not」私を忘れないでという意味ですね。

やさしい青い花は、フラワーエッセンスでもその心にそっと寄り添ってくれます。


道端にもオオイヌノフグリが咲き始め、たんぽぽは1年中みていたような不思議な最近ですが、

春の訪れが早そうですね。


明日からまた月曜日!

今日、しっかり浄化してエネルギーをいただき、笑顔で迎えたいです。


楽しいひな祭りを🎎お過ごしください。





~ふあふあ花便り~  AnelapuaのBlog

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 少人数制の癒しのお花教室。フラワーセラピーと花育を行っています。 子どもたちの感性を養う おはなあそび~花育 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格を取得!

0コメント

  • 1000 / 1000