3月8日は・・ミモザの日🌸

こんばんは😊

埼玉県戸田市にてフラワーセラピーレッスンと花育を行っています。 AnelapuaのKaoriです。


3月8日は「ミモザの日」


世界では、3月8日は国際女性デーとされ、女性の自由と平等を掲げる日としてお祝いされています。

この日は、女性を尊敬し、感謝の気持ちを届けるとして「ミモザ」の花を女性に送ります。

最近は、花屋さんでのポップなどにも出ているので、知名度もあがってきたかな。


「国際女性デー」とは・・

1904年、ニューヨークで女性労働者が女性の参政権を要求してデモを起こしました。

1909年にアメリカで「女性の労働への感謝を表し、地位を向上するべき」との提案がありました。

1910年、コペンハーゲンで「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日を作ろうと提唱されました。

1921年に、国際女性デーを3月8日に世界統一。

1975年に、国連でも認証された記念日となりました。日本では、なにも起きてませんが・・・


そして、この時期にイタリアではミモザが全盛期を迎えます。なぜ、ミモザになったのか。

ホントは「スミレ」の花が女性にふさわしいとされていました。

でも、スミレの花はとても高価ですべての人が贈れる花ではなかったそうです。

そこで、「ミモザ」なら自生しているし、全盛期をむかえるとして、身分に関係なくどんな人でも感謝を届けることができる。ということから、「ミモザ」を贈るようになったそうです。


近年、この時期になると人気がたかくなる「ミモザ」ふわふわでかわいい花が女性のココロをつかむんでしょうね。そして、そのままドライになるというのもギフトとしても人気です。


Anelapuaでも、2月中旬くらいからミモザのリースのレッスンを行ってきました。

かわいいですよね~。

日本の花屋さんでも当たり前のように「ミモザ」をみるようになりましたが、今年は出回るのが遅かったんです。

花も野菜と同じで、天候や台風の影響を受けます。去年の台風でミモザの木が折れてしまった農家さんも多くあると聞きました。

なので、春の花たちよりも出まわる期間が短くて、3月8日を過ぎるとグンと少なくなってしまいます。明日は、お花屋さんにも「ミモザ」が多く並ぶと思うので、是非、身近の女性たちにプレゼントしていただきたいです😊


この記事を男性の方が読んでくれて、奥様や彼女。お母さんにミモザを届けてくれる方が増えるといいなと思います。


ミモザのセラピー効果は・・ 「素直なこころ」「童心にかえる」「少女のような純真さ」です。 ビタミンカラー効果もプラスされて、笑顔を引き寄せてくれます。

「ママの笑顔がおうちの最高の元気の源」・・だと思うから。


明日も素敵な1日になりますように。


おやすみなさい🌙







~ふあふあ花便り~  AnelapuaのBlog

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 少人数制の癒しのお花教室。フラワーセラピーと花育を行っています。 子どもたちの感性を養う おはなあそび~花育 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格を取得!

0コメント

  • 1000 / 1000