6月のお話し🌸水無月~田んぼに水をいれる月

こんばんは😊

ものすごい雨です☔関東も梅雨入りとなり、今日は梅雨寒の1日でした。


6月も今しか出会えない花たちが咲きほこっています。

道を歩いているとき、おうちのまわりの道端。季節を感じる花たちはあちこちに咲いています。

それも甘く、香る花が多く咲き始めます。

●「ガーデニア」くちなしの花たち。

八重のガーデニアも咲き始めました。

●ジャスミン

あちこちのおうちで栽培していることが多いので、初夏の香りの代表格ですよね。


ジャスミンの香りを感じると、ハワイの香りのイメージ(笑)

ハワイに「ピカケ」というくちなしの一種のお花があるのですが、甘い香りのするお花で、「レイ」に使われています。とってもいい香りなのでディフューザーにも!

わたし事ですが、思い出の花なんです・・

以前、担当したご新婦様がハワイの挙式帰国後、空港からドレスのクリーニングのためにいらしてくれました。帰国途中にわざわざ立ち寄らなくてもと言ったら、ご新婦様がおっしゃったんです。

「ドレスにピカケの香りがついているから、一緒にその香りを感じてほしくて、空港からきました!」って・・

私たちは、海外挙式に参列することができないので、ご新婦様からの最高のプレゼントでした。

ドレスからピカケの香りと裾についているハワイの砂をご新婦様はとても幸せそうな笑顔で私たちに届けてくれたんです。

そんな思い出の花。ジャスミンやくちなしの香る花がとても好きです。


Anelapuaのロゴに使用している「ティアレ」もジャスミンのの一種です。

タヒチアンジャスミンといって、タヒチの国花でもある花です。


ハワイでは、ティアレの花の香りを感じたら、よいことが起きる前兆ともいわれています。

そして、ティアレは普通6~7枚の花びらなのですが、8枚の花びらをつけることがあります。

8枚花びらのティアレをみつけると幸せになれると言われています✨

花にはいろいろな伝説や言い伝えがあって、昔から、人は植物を参考にしたり、大切にしながら過ごしていたっていうことを感じます。


●アジサイ

6月といえば、この花ですね。

あじさいは、この梅雨空に映える色で咲いてくれます。

花には意志があると言われていて、その色で咲くには理由があるって言われているんです。

青空が恋しくなるから、青で咲くのかな~とか、どんより空に映えるようなピンクかな~。

もやもやした気持ちを晴らすように白やグリーンなのかなぁ~と、あじさいの気持ちになってみたくなります(笑)

あじさいは、気持ちを鎮静させてくれたり、人とのかかわりを楽にしてくれたりのセラピー効果があります。


6月にはいり、今年もあと半分となりました。

毎年、行っているのですが、「夏のお祓い」と言って、半年分の厄を払う月。

神社には、「茅の輪」と言われるワラの輪っかがおいてるところがあると思います。

半年の邪気を払うため「茅の輪」くぐりをしてみませんか?


「茅の輪」は、左回り、右回り、左回りと八の字を書くように3回茅の輪をくぐります。

そのとき、「水無月の夏越しをするひとは千歳の命延ぶというなり」と唱えるそうです。

氏神様でも行っていると思うので、是非足を運ばれてください😊


6月も旬のお花でのレッスンを行っております!

是非、お気軽にご連絡ください!




~ふあふあ花便り~  AnelapuaのBlog

埼玉県戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 少人数制の癒しのお花教室。フラワーセラピーと花育を行っています。 子どもたちの感性を養う おはなあそび~花育 埼玉でフラワーセラピスト・花育士の資格を取得!

0コメント

  • 1000 / 1000