和のセラピー🎍しめ縄レッスン

こんばんは😊

埼玉県戸田市にて「フラワーセラピーアレンジ」と「こどもの花育」を行っています。 

AnelapuaのKaoriです。


クリスマスが終わり、Anelapuaでは、お正月の準備のお手伝いをさせていただいております。

お正月の花飾りの前に『しめ縄』レッスンを行いました😊

Anelapuaのしめ縄はもちろんフレッシュ!!!

すべて生の松や常緑樹を使用しております。


●使用したお花 

松・コニファー・クジャクヒバ・ゆーかり・水引・稲

今回は、スワッグの応用で新しい年のお迎えにふさわしいよう、上に伸びる気持ちを込めて。

縦のスワッグで制作いたしました。

生徒さんも、フレッシュで制作するしめ縄にとても新鮮さを感じていただいて、

「生きている植物を年神さまのお迎えにつかえるのは、とても気持ちのいいものですね」

とおっしゃっていただきました😊うれしい~!!!

のびやかに、2020年もより成長できるように。そして五穀豊穣を祈って。

このままドライになります😊が・・・お正月のことも綴りますね。

子どもたちにもきちんと教えてあげたいです。


🎍お正月飾りはいつから飾る??

12月13日の正月事始めを過ぎたら、いつでも飾ることができます。

12月28日に飾るのが末広がりの「八」がはいっているので縁起がよいとされています。

29日は「にじゅうく」と読むので「二重苦」とされ、よくないとしています。

また、30日は旧暦の大晦日になるため、31日同様「一夜飾り」となるので、こちらもよくないです。

「一夜飾り」には由来がふたつあって、「ひと晩しか飾っていないものが年神様の道しるべにならない!」という由来と、「年神様は元旦の朝ではなく、大晦日の日没後という考えがあるため、31日に飾るのは、年神様のお迎えに間に合わない」というすることがあるからです。

28日にはしっかり準備して、年神様をお迎えしましょう。


🎍お正月飾りはいつまで飾る??

お正月飾りを飾る期間は「年神様が家に居られる期間」=「松の内」に飾ります。

関東など多くの地域は1月7日まで。関西は1月15日まで。と地域によって変わります。

そもそも、松の内は小正月である15日までだったんです。

それが江戸時代に将軍の命日の関係で7日になったそうです。

なので、関東はその御触れが聞こえたため、7日までになってますが、関西はその御触れが届かなかったから今でも15日まで。という説があります。

お片付けは、松の内の前日の日没後。です。


🎍お飾りなどの処分方法

一番よいのは、お焚き上げに持参することです。

松の内が終わったら、神社へ持参するのが日本の行事である、「どんど焼き」「お焚き上げ」です。

でも、どうしてもおうちで処分したい場合は、お清めしてから処分しましょう。

年神様への感謝の気持ちをこめて、きちんとお清めしましょう。

①半紙などの神の上に置く ②お塩を振り合掌(来てくれたお礼、感謝を述べ、祈願する)

③できれば、他のゴミとわけて処分する


お正月は、その年のはじまりです。日本人として知っておきたい行事です。


今年もあと5日。

明日もレッスンが続いています。ありがたいです・・


今日は寒かったですね~

風邪をひかないように、暖かくしておやすみください。

明日で仕事納めの方々も多いのかな。

お気をつけてお過ごしください。


おやすみなさい🌙










~ふあふあ花便り~  AnelapuaのBlog

埼玉県 戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 少人数制の癒しのお花教室。フラワーセラピーと花育を行っています。 「フラワーセラピスト」「花育士」の資格 気軽に「フラワーセラピーアレンジメント」 子どもたちの感性を養う幼児教育「おはなあそび~花育」 おうちでお花をたのしむ「おうちdeはないく」「おうちdeフラワーセラピー」

0コメント

  • 1000 / 1000