6月のお話し🌸水無月~田んぼに水をいれる月

こんばんは😊

埼玉県戸田市にて「フラワーセラピーアレンジ」と「こどもの花育」を行っています。

Kaoriです。


今日も暑かった💦歩くだけで汗だく💦

緊急事態宣言の間に季節は春から夏に移行したんだなぁ・・・自然は何も変わらずに進むんなぁ・・と思いながら過ごしております。


というわけで、季節は夏へと進んでいます。

道端に咲く花たちも夏の花へと景色を変えてきました。

そろそろ「梅雨」の季節。太陽に暑い!と文句を言う前にありがたく衣替えをしないと思うこの頃💦


6月は夏至。1年で一番日が長くて気持ちの良い時間を過ごせます。

「父の日」「夏越えの祓」などの行事もあります。

暑い蒸し暑い!と言いながらも6月を楽しみたいです🌂


さて、6月のお花し🌸

あちこちのアジサイがきれいですね~。

最近、アジサイってこんなに種類があったんだなぁといろいろなおうちのアジサイが気になります。

アジサイのドライは魔除けになるともいわれているので、ドライにする方も増えてきました

あちこちのおうちに咲いているので、お散歩の新たな発見になりそう😊

アジサイは、和の和みを伝えてくれますね。青いアジサイが定番だったのに、最近では、ニュアンスカラーや渋い色も咲いています。七変化のようで楽しい✨

そして、今が旬の芍薬!

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と美しい女性像をたとえた言葉があるくらい、優美で豊かな花。

外見だけでなく、女性の内面をより輝かせる効果があります。

芍薬はつぼみで買ってくると咲く・咲かないがある品種なので、咲きそう!って膨らんでいるつぼみを買ってくるのがおすすめ!

女ごころが儚いものと言われるように、大輪の最高に美しい時間が短いので、たくさん眺めてくださいね。

桜もそうですが、人を魅了する花こそ儚いですね。

そして、この花知ってますか?

「シラン」紫蘭という花です。夏の訪れとともに咲く、ラン科の花。

とても育てやすいので、あちこちのおうちでも見られる花(笑)

私は、氏神様の神社に咲いているので、お参りに行くと毎年咲いてます(笑)

夏がくるな~って思います。

そして、市場には、こんな立派な花たちが😲

オーストラリアや南アフリカに咲くワイルドフラワーたち💕

最近人気ですよね。ワイルドフラワーのスワッグなどもドライになるので人気なのかな。

「キングプロテア」顔くらいのサイズのある大きなお花です。

大地の活力をいっぱいにもっている力強い花。みているだけで吸い込まれそう。

同じプロテアの仲間で「カーニバル」名前からワクワクしますね。

地域それぞれの環境や土地のエネルギーによって咲く花が違うのも植物の楽しいところ。


日本は、代表の花が桜なので、日本の環境は、

優美で繊細で、冬の寒さを乗り越えるという忍耐力を持っているのかもしれませんね。


梅雨の時期になるとなにかとココロが暗くなりがち。

花の明るさに手伝ってもらって、ココロの元気を保ちたいですね。


今年こそは6月30日の『夏越の祓』に行くぞ~!!


今月も新鮮な花たちと一緒に皆様をお待ちしています🌸


~ふあふあ花便り~  AnelapuaのBlog

埼玉県 戸田・戸田公園・蕨・さいたま市 少人数制の癒しのお花教室。フラワーセラピーと花育を行っています。 「フラワーセラピスト」「花育士」の資格 気軽に「フラワーセラピーアレンジメント」 子どもたちの感性を養う幼児教育「おはなあそび~花育」 おうちでお花をたのしむ「おうちdeはないく」「おうちdeフラワーセラピー」

0コメント

  • 1000 / 1000